中学時代は呑気で好かつた

「お互ひに中学時代は呑気で好かつたね、だがまア好いさ、忙しいのは結構だよ、寸暇を盗んで斯ういふ書生式の会合をするのも、これがまた一寸オツ[#「オツ」に傍点]ぢやないか。」 そんなことを云ひながら参々伍々滝野の旧友は、溌溂たる勢ひで集つて来た。 滝野は、度胆を抜かれたかたちで隅の方に堅くなつてかし...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:58 am  

文壇内閣欄に於て

「……昨日偶々石川老が持参いたせし××雑誌を閲読いたしたる処、文壇内閣欄に於て計らずも御身の名前を発見し、母なるものは弱き哉思はず嬉し涙に咽び入り候 去月御身出京の節御身が私に云ひ残せし言葉は此の度こそは初めて詐りでなかりしこと相解り候 その節私が与へたる男子一と度郷関を出づ云々の古語を此上にも体得...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:57 am  

その晩も、また滝野は机の前で徹夜した

 斯んなに読んでも、未だ滝野は身動ぎもせずに眠つてゐるが、周子は酷い退屈を覚え、この先読み続けるのは、頼まれても厭な気がした。――あんなに業々しい態度で、夜となく昼となく机の前を離れずに考へ、そして書いたことが、斯んな馬鹿/\しい愚痴だつたか、と思ふと軽蔑の念はおろか、彼女は肚もたゝなかつた。 そ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:56 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0176 sec.

http://infogorilla.jp/