ミンミン蝉の鳴き音

「やツ!」と叫んで、いきなり柱のてつぺんへ飛びついた。……しつかりと、出来るだけ体を小さくして、しがみついた。そして眼を瞑つて、左手で軽く鼻をつまんで、「ミーン、ミーン、ミーン。」と高らかに鳴いた。「ミーン、ミンミン、ミーン。」 一寸静まつた大広間中に、ミンミン蝉の鳴き音が、夏の真昼の静けさを思...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:01 pm  

滝野の動悸は、異様に高まつた

「ウツ。」滝野の動悸は、異様に高まつた。「斯うざつくばらんになつてから何もやらんといふのは厭味だぜ。」 滝野の傍に坐つてゐる大変に美しい芸妓が、「こちら、どうなすつたの!」と云つてポンと彼の肩を叩くと、その次に居並んでゐる稍年取つた妓《おんな》が、「能ある鷹は爪をかくすつてね。」と軽く笑ひ、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:00 pm  

騒々しく大きな音声をのせた自動車

 その時、言葉の内容は解らないが、厭に騒々しく大きな音声をのせた自動車が、往来でピタリと止つた。 来たな! と彼女は気づいて、サツと心の構えをして立ちあがつた。「失敬な奴等だ、やれ[#「やれ」に傍点]/\と云ふから仕方がなくやつたんだ、それを笑ふとは何事だア、第一流の料理屋とは何だ、だからと思つ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:59 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0187 sec.

http://infogorilla.jp/