文学青年

「小説が書けないで閉口することを小説にした小説が往々あるが、その種の小説程馬鹿/\しい物が、またとあるだらうか!」 純吉は、さつき云はうとしたところに漸く話を戻して、いかにも立派な意見でも吐いたかのやうに重々しく呟いた。「俺はそんな小説は、てんで読んだこともないから知らないがね。」と川瀬は、空々...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:21 am  

死んだやうに眠つてゐた

 田舎にゐるうちは、部屋が別々だつたので夫が稀に書斎に引き籠ることが続いても、何をしてゐるか周子には解らなかつたが、此処に借りた部屋は六畳二間が続いて二つあるだけで、書斎と居間の区別もあつたものではなく、夫のそんな発作に出会ふと、凡ての動作が彼女に観察出来るのだつた。気の毒な程だつた。 滝野は、窓...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:20 am  

直立不動の姿勢を執つた

「げツぷ……うむ、斯う馬鹿にされて黙つて引つ込むわけには行かない、歌も許されず、踊りもいけないとなれば、吾輩だつて生きてゐる以上は、生きてゐるといふ何らかの証拠を見せなければ、承知が出来ない、……何を演らうか、何を喋舌らうか、どうすればいゝんだらう。」 彼はそんなことを云ひながら暫らく凝ツと考へた...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:19 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0187 sec.

http://infogorilla.jp/