面白い歌をうたひ

「歌はあれより他に知らないんだ。踊りもそれより他に知らないんだ。それがみつともないとされては、一体俺は如何すればいゝんだ。」「煩い/\、酔つぱらひ。だから立派なことをお習ひなさい。」「折角この俺が、面白い歌をうたひ、愉快な踊りに耽らうとするのを、碌でもない批評をして、恍惚の夢を醒さうとするのか?」「止して下さいよ――声が高い!」「喋舌ることにまで干渉するのか! 牢獄に投ぜられたよりも酷い束縛だツ。叱ツ!(ふざけちやアゐねエんだぞ。)野生の小鳥を生捕りにして籠に飼ふ人々が、何時鳥の嘴を針で縫つたか? 貴様は、蜜に酔ふて花に戯れてゐる蝶々を、毒壺の中へ投げ込む昆虫採集者の助手に相違ないぞ!」「いゝ加減におふざけなさいツ。」周子は拳を震はせて叫んだ。「文句があるんなら昼間にして下さい、夜中に芝居の真似なんてされて堪るものですか、夜中なんですよ、お隣りに聞えると云つたら! お隣りに――。あゝツあツ!」(チエツ、小鳥が聞いてあきれる! 蝶々もないもんだ。椋鳥か蟷螂《カマキリ》だらう。)「聞えれば結構だ、どつちが悪魔であるか傍聴者諸君に訊いて貰はう。」 周子は堪え兼ねて、矢庭に夫に飛び付くと、そのしまりのない口の傍《はた》を、思ひきり強く抓りあげた。すると滝野は、芝居がゝつた音声を一段と高く仰山に絞りあげて、「キヤツ! あゝ痛い/\、救けて呉れ。」などゝ近隣に聞えよがしに叫んだ。「あゝ、焦れツたい/\/\。」 周子は、われとわが髪の毛を※[#「てへん+劣」、第3水準1-84-77]ツて、畳の上に打ち伏した。 滝野は、周子の姿を白々しく見降して、意地の悪い微笑を浮べた。そして彼は、食卓の上の徳利を取りあげて、勢ひよくいきなりラツパ飲みにした。

— posted by id at 11:17 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0403 sec.

http://infogorilla.jp/