翌朝になれば平然《けろり》としたもの

 突然《いきなり》、這※[#「麾」の「毛」に代えて「公の右上の欠けたもの」、第4水準2-94-57]《こんな》事を口汚く罵つて、お由はドタリと上框《あがりかまち》の板敷に倒れる。『マア、マア。』と言つた調子で、松太郎は、継母《ままはは》でも遇《あしら》ふ様に、寝床の中に引擦り込んで、布団をかけてやる。渠は何日《いつ》しか此女を扱ふ呼吸《こつ》を知つた。悪口《あくたい》は幾何《いくら》吐《つ》いても、別に抗争《てむか》ふ事はしないのだ。お由は寝床に入つてからも、五分か十分、勝手放題に怒鳴り散らして、それが息《や》むと、太平《たいへい》な鼾《いびき》をかく。翌朝になれば平然《けろり》としたもの。前夜の詫を言ふ事もあれば言はぬ事もある。 此家の門と鍛冶屋の門の外には、『神道天理教会』の表札が掲げられなかつた。松太郎は別段それを苦に病むでもない。時偶《ときたま》近所へ夜話に招ばれる事があれば、役目の説教《はなし》もする。それが又、奈何《どう》でも可いと言つた調子だ。或時、痩馬喰《やせばくらう》の嬶《かかあ》が、小供が腹を病んでるからと言つて、御供水《おそなへみづ》を貰ひに来た。三四日経つと、麦煎餅を買つて御礼に来た。後で聞けばそれは赤痢だつたといふ。 二百十日が来ると、馬のある家では、泊懸《とまりがけ》で馬糧《ばれう》の萩を刈りに山へ行く。その若者が一人、山で病付《やみつ》いて来て医師《いしや》にかかると、赤痢だと言ふので、隔離病舎に収容された。さらでだに、岩手県の山中に数ある痩村の中でも、珍しい程の貧乏村、今年は作が思はしくないと弱つてゐた所へ、この出来事は村中の顔を曇らせた。又一人、又一人、遂に忌《いま》はしき疫《やまひ》が全村に蔓延した。恐しい不安は、常でさへ巫女《いたこ》を信じ狐を信ずる住民《ひとびと》の迷信を煽《あふ》り立てた。御供水《おそなへみづ》は酒屋の酒の様に需要が多くなつた。一月余の間《うち》に、新しい信者が十一軒も増えた。松太郎は世の中が面白くなつて来た。 が、漸々《だんだん》病勢が猖獗《さかん》になるに従《つ》れて、渠自身も余り丈夫な体ではなし、流石に不安を感ぜぬ訳に行かなくなつた。其時思出したのは、五六年前――或は渠が生村《うまれむら》の役場に出てゐた頃かも知れぬ――或新聞で香竄葡萄酒《かうざんぶどうしゆ》の広告の中に、伝染病予防の効能があると書いてあつたのを読んだ事だ。渠は恁ういふ事を云出した。『天理様は葡萄酒がお好きぢや。お好きな物を上げてお頼みするに病気なんかするものぢやないがな。』 流石に巡査の目を憚《はばか》つて、日が暮れるのを待つて御供水《おそなへみづ》を貰ひに来る嬶共《かかあども》は、有乎無乎《なけなし》の小袋を引敝《ひつぱた》いて葡萄酒を買つて来る様になつた。松太郎はそれを犠卓《にへづくゑ》に供へて、祈祷をし、御神楽を踊つて、その幾滴を勿体らしく御供水に割つて、持たして帰す。残つたのは自分が飲むのだ。お由の家の台所の棚には、葡萄酒の空瓶が十八九本も並んだ。

— posted by id at 07:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0541 sec.

http://infogorilla.jp/