弟はニヤニヤ笑った

「じゃ、何か欲しいものがあるならそうお言いなさい。姉さんお鳥目《あし》があるのよ。」「ううん、お鳥目《あし》なんか使っちゃいけない。」弟はニヤニヤ笑った。 二人は橋を渡って木立ちの見える方へ入って行った。弟は姉と一緒に歩くのが厭なような風をして、先へずんずん歩いた。 別れる時、お庄は片蔭へ寄って、巾着から銀貨をあらまし取り出して渡した。「姉さんも早くあの家を出るようにしておくれ。」と、弟の言ったのを時々思い出しながら、お庄は裏通りをすごすごと帰って行った。

     二十六

 帰って行くと、内儀《かみ》さんが帳場の方に頑張《がんば》っていた。 内儀さんは上州辺の女で、田舎で芸妓《げいしゃ》をしていた折に、東京から出張っていた土木の請負師に連れ出されて、こっちへ来てから深川の方に囲われていた。ここの老爺《おやじ》と一緒になったのは、その男にうっちゃられてから、浅草辺をまごついていた折であった。前の内儀さんを逐《お》い出すまでには、この女もいくらかの金をかけて引っ張って来た老爺の手から、幾度となく逃げて行った。今茲《ことし》十三になる前妻の女の子は、お庄がここに来ることになってから、間もなく鳥越《とりごえ》にいる叔母の方へ預けられた。この継子《ままこ》を、内儀さんがその父親の前で打《ぶ》ったり毒突いたりしても、爺さんは見て見ない振りをしていた。「それアひどいことをするのよ。」と、女中たちは蔭で顔を顰《しか》め合った。「あんなにいびるくらいなら、余所《よそ》へくれた方がいいわ。」「あの年をしていて、わが子よりは内儀《かみ》さんの方が可愛いなんて、お爺《じい》さんも随分だわね。」

— posted by id at 07:59 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4983 sec.

http://infogorilla.jp/