絶えず精女を見て居る

この間第三の精霊は木のかげからかおだけを出して絶えず精女を見て居る。[#ここで字下げ終わり][#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]第一の精霊 女子《オナゴ》のかたくななのは興のさめるものじゃ、良い子じゃ聞き分けて休んでお出でなされ。精女 まことに――我がままで相すみませんでございますけれ共お主様に捧げました体でございますから自分の用でひまをつぶす事は気がとがめますでございますから今日は御許しあそばして――第一の精霊 お主様に捧げた? おしい事じゃ、ほんにおしい事じゃ、お主の侍るお主――ダイアナ神は御事のために命をすてて御下さらんじゃろがここに居る三人の精霊――世の中にあるだけの精霊は皆お主のためなら命までもと云うておるじゃ。まして私共の様に白髪のない栗色の髪の房々した若い精霊の目が御主に会うた時のあの露のしたたりそうな輝きと会わなんだ時のあの曇り様をお主は知ってじゃろうが……第二の精霊 そうじゃほんにおしい事じゃ、若々しい美くしいお主は自由な体で気がるに花をつみうたをうたい舞うて居るのが良いのじゃ、「時」は遠慮なく立って幾十年か立つと私共の様な――こんなみにくくはあるまいがとにかく年を取らにゃならぬじゃ、若い中――ほんに短かい若い中を自由に美くしくすごさにゃああまりおしいワ、お主の様にましてうつくしい人ハナ、……[#ここから4字下げ]この間精女はうつむいて足の先で小さな花をつっついて居る。第三の精霊は木のかげに居るまんまで手でかおを押えて居る。[#ここで字下げ終わり]

— posted by id at 07:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3886 sec.

http://infogorilla.jp/