美しい裸体の群像

      二

 景岡秀三郎は、学生時代に、三助になろうか――と、真面目に考えた事がありました。然し、それは到底実現出来ない話です、というのは、他人の裸体に対して激しい魅惑を感ずれば感ずるほど、自分の裸体に底知れぬ嫌悪を覚えるからです。 美しい裸体の群像の中に飛込むこと――、それは限りなき蠱惑です。だが、自分も褌一つの裸に……、それは到底出来得ない事です。景岡にとっては、自分の裸体を衆目に曝《さら》すより、死の方が、どれほど易々[#「易々」に傍点]たることだったか――。 自分は姿を隠していて、それでいい裸像群の隅々までも、見られるような――。これが景岡の胸の中に醗酵した『景岡浴場建設趣意』でした。 そして、それが何人の掣肘もなく、どんどん出来上った舞台は、一口でいえば硝子箱の浴槽を持った、非常に明るい浴場でした。 景岡は、この硝子箱の浴槽、というのを恰度その頃開催していた某博覧会の『美人|海女《あま》、鮑取り実演』という、安っぽい見世物から思いついたのです。 その見世物は――御承知でもありましょうが――、硝子で水槽を造って、その中に岩だの、海草だのを、ごたごたと配置して、海中らしく設《しつ》らえ、そこへ半裸体の海女が、飛込んで鮑を取って来る。という他愛もないものですが、あの真赤《まっか》な湯文字を、巧みに飜がえして、眼の前に泳ぎ寄る蒼白い水中の裸女の美は、彼景岡秀三郎の頭の中の、総ての感覚を押しのけて、ハッキリと烙印されて仕舞ったのでした。 ――そして、其処《そこ》に、海女の代りとして、素晴らしい全裸の肉体を、泳がせたら……。(何んとスバラシイ美の構成であろう) 景岡は夢みるように、手を振って、幻を掴み乍ら、激しい鼓動に、息を弾ませるのでした。      ×

— posted by id at 06:34 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1082 sec.

http://infogorilla.jp/